お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れ 審査 緩い【借り入れゆるい.NET】審査が甘い消費者金融ならコチラ

kariireyurui360x120.jpg

住宅ローンとカードローンの審査と借り入れ条件

住宅ローンを持っている方のカードローン申込みはできます

しかし、カードローンの返済中の住宅ローンの申込みは審査落ちです。
完済後数年待つ、それも審査の甘いとされる住宅ローンか、金利を引き上げての契約になってしまいます。
住宅ローンの金利引き上げは1%でも大きいです。

銀行カードローンなら良い

上記のことで、カードローン会社が銀行なら審査は通りやすいのですが、消費者金融カードローンがNGです。
返済状況が正常であり、金融事故もない方でもカード会社殻のキャッシングは、住宅ローンに大きく響きます。
三井住友銀行などの低金利住宅ローンですと、まず審査落ちなのです。
そうしたことを考えると、カードローンは銀行に限定というのも一つの考えてです。
数年前の完済、大手消費者金融では数万円しか借りなかったということでも、住宅ローン審査に大きな影を落とすのです。

銀行カードローンのメリットは?

銀行の審査に通るということは、社会的地位が保証されているといいます。
消費者金融よりも低金利ですし、完済できるから銀行融資が可能ということなのです。
ですから、利用限度額が少なくとも、将来住宅ローンを組みたい方は、消費者金融と縁をしないことをおすすめします。

クレジットカードのメリットは?

こちらもキャッシング枠は使わないとこをおすすめします。
消費者金融と同じ総量規制範囲内のことですから、住宅ローン審査は厳しいです。
銀行ローンだけにしておいたほうがよいです。
住宅ローンを組む時に配偶者がいると、昔消費者金融で借金をしていたと言う事実も言えないのであればなおさらのことです。
既に借りてしまっているのなら、完済から10年以上空けてからの住宅ローンの利用をおすすめです。

住宅ローンとカードローン

これは問題ありません。
銀行ローンも大手消費者金融、中小消費者金融も年収の返済負担率が高くない状態であれば、審査は通ります。
債務整理などをしていない、多重債務も申込む金融機関の審査基準に合えば大丈夫です。
審査に自信がない方は最初から中小消費者金融の申込みで、借り入れを考えてみて下さい。
個人信用情報機関に事故情報があったとしても、審査に時間はかかりますが、内容によっては、審査通過が期待できます。

総量規制限度額に達していない、延滞をしていない、収入があることが条件です。
専業主婦でも配偶者が安定した収入であれば配偶者貸付で借り入れができます。
母子家庭は無理ですが、配偶者が存在しブラックではないことが条件になります。
住宅ローンとカードローン。
さきに行うのは住宅ローンで、カードローンはあとから使用が原則です。
kariireyurui360x120.jpg