お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れ 審査 緩い【借り入れゆるい.NET】審査が甘い消費者金融ならコチラ

kariireyurui360x120.jpg

審査緩い中小キャッシングの申し込み前にブラック登録の確認

金融ブラックになっていると、審査緩い中小消費者金融でもキャッシングができるかどうか不安な状況です。
長期延滞や債務整理をしていると金融ブラックとして個人信用情報機関のデータベースに登録されますので、他社に申し込みをしても審査落ちしやすくなります。

現在個人信用情報機関は日本国内に3社あり、金融会社はいずれかに加入しています。
一度金融ブラックになってしまったら二度と金融機関から融資を受けられないのではと心配されているかもしれませんが、一定期間を経過すると登録情報は抹消されますので、再び申し込みしやすくなります。
登録されている期間は金融ブラックの内容によっても、個人信用情報機関によっても違いがあります。
もしかしたらご自身はもうすでに信用情報に載っていないかもしれません。

登録されていないとしたら、わざわざ審査緩い中小消費者金融でなくても、以前とは異なり返済能力が十分に備わっていることなどにより、大手消費者金融で借り入れできる可能性もあります。
個人信用情報機関は互いに情報を共有していますので、1カ所に登録されていれば他の2カ所にも把握されます。
現在国内にはKSC(全国銀行個人信用情報センター)、JICC(日本信用情報機構)、CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)の3カ所があります。

KSCは、主に銀行系の金融機関が登録を行っているところです。
登録される期間は金融ブラックによって異なり、自己破産は10年、任意整理は5年、代位弁済は5年、延滞は5年です。

JICCは、主に消費者金融系の貸金業者が登録をしています。
強制解約は5年、自己破産は5年、任意整理は5年、延滞は1年です。

CICは、クレジットカード系の登録がされています。
自己破産は7年、任意整理は5年、延滞は5年です。

ご自身を照らし合わせてみて、記録が抹消されているのか確信がもてないという場合は、各個人信用情報機関で登録内容の情報開示の請求を行ってみてはいかがでしょう。
窓口に直接出向く方法の他にも、郵送やパソコン、スマホによってご自身の登録されている信用情報内容を確かめることが可能です。

窓口まで行くには場所が遠い、郵送では家族にキャッシングの借り入れ状況がバレてしまいかねないという方も、スマホやパソコンでインターネットを通じてなら確認しやすいはずです。
情報開示の詳しい申請方法は各個人信用情報機関のホームページに載っていますので、参考にしてみてください。
今すぐ融資が必要だということでなければ、金融ブラックの登録情報が抹消されるのを待ってから、審査緩いかどうかに関係なく好きな金融機関に申し込みができます。
kariireyurui360x120.jpg