お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れ 審査 緩い【借り入れゆるい.NET】審査が甘い消費者金融ならコチラ

kariireyurui360x120.jpg

審査緩い中小キャッシングでも落ちる?ブラックとは

審査緩いといわれる中小キャッシングをお探しになるとき、もしかしたらこれまでの借り入れで金融ブラックになってしまっているのではと心配だからではないでしょうか。
銀行カードローンや消費者金融キャッシングは審査に落ちたとき、どのような理由でダメだったのか問い合わせたとしても教えてくれることはありません。

審査落ちする原因を考えてみて金融ブラックになっていると分かれば、その部分を改善すれば次こそは審査に通り融資が受けられるようになるはずです。
一般的に金融ブラックと呼ばれるのは、どのような行為なのでしょう。

短期間に多くの金融機関に申し込みをすると、「申し込みブラック」と呼ばれる審査落ちの原因になります。
具体的何社以上で申し込みブラックになるという定義は明らかになっていないのですが、短期間に集中して3社以上で手続きをするのは危険です。
もし、一度申し込みブラックになってしまうと、あちこちの金融機関で落ちてしまうということは、この人にはそれだけの原因があるに違いないと誤解を受け、通らなくなってしまうのです。
申し込みブラックになってしまったら、6カ月は個人信用情報機関にそのことが登録されてしまいます。
思い当たる場合は、最後に申し込みをしてから6カ月過ぎてから次の手続きをすることをおすすめします。

自己破産などの「債務整理」をしていることも、審査落ちにつながります。
債務整理は4種類あり、それぞれに裁判所で認められるなどしてから一定期間は個人信用情報機関に登録されてしまいます。
その一定期間を過ぎれば、また審査に通りやすくなります。

これまでにも他社の金融機関でキャッシングをしてきて、支払いがとどこおっていると金融ブラックになります。
返済期限から数日程度の遅れではまだ個人信用情報機関に載ることはありませんが、3カ月を超えると載ってしまいますので気を付けてください。
返済をして1年間は信用情報に登録されますが、過ぎれば記録は抹消されるということです。

すでに他社からも借り入れをしている人が、年収に対して総融資額が多すぎると判断されると、これ以上増えてしまったら返済しきれないだろうということで審査に影響がでます。
収入額に対して貸し付け金額を気にするのは、貸金業者の総量規制が有名ですが、あまりにも収入に対して返済という支出が偏ってくれば貸金業者でなくても、返済が難しい判断が下されるのも避けられません。

金融機関から個人が融資を受ける場合、カードローンやフリーローンがありますが、この2つを同じもだと思われていないでしょうか。
借り入れをするたびに審査を受けるのは面倒だと思われているならカードローン、融資が必要なのは今回の一度きりだという方はフリーローンで十分です。

カードローンは、一度契約をすれば利用限度額の範囲内で何回でも借り入れができます。
フリーローンは最初に融資を受けたらあとは返済するだけになるので、再びお金が必要になったときは改めて申し込みを行い、審査に通過する必要があります。
フリーローンは特に中小消費者金融などに多い傾向がありますので、ご自身が将来的にどのようにキャッシングと付き合っていくか考えて、どちらにするか選んでみてはいかがでしょう。
kariireyurui360x120.jpg