お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れ 審査 緩い【借り入れゆるい.NET】審査が甘い消費者金融ならコチラ

kariireyurui360x120.jpg

借入審査落ちたから別の住宅ローンを探す

家を購入するときは誰しも希望に胸を膨らませていると思います。
一括で住宅を購入できる人は少なく、ほとんどの人が金融機関で住宅ローンを組むことと思いますが、審査が通るかどうかが気になるところです。

銀行の住宅ローン審査にはたいてい仮審査と本審査があり、仮審査に通ったからといっても本審査で落とされることもあります。
仮審査でだいたいの借りれる金額を知って、購入物件の最終確認をするという人もいます。

銀行の住宅ローン審査は保証会社が行っています。
保証会社は個人信用情報機関で申込者の個人情報調査を行います。
借入時・完済時の年齢や年収、勤務先、勤続年数、返済負担率、団信に加入できる健康状態かどうかなどの審査を時間をかけて行います。
返済負担率とは、年収に対するローン返済額の割合で、だいたい35%以内に収まることが基準となっています。
結局のところ保証会社は利用者がきちんと返済できる、信用できる人物なのか、ということを調べます。
もし利用者が返済できない場合は、銀行側に保証会社が弁済することになるからです。

住宅ローン審査に落ちたということは、勤続年数や年収が基準に満たなかったのか、過去の信用情報にブラック情報があったのか、返済負担率が高かったのか、何かしら
基準に足りなかったということでしょう。
審査に通らなければ家を購入するのを諦めなくてはいけない可能性が高いでしょう。

しかし住宅ローンは銀行だけが扱っているローンではなく、自治体融資や財形住宅融資、年金住宅融資などの公的機関にもあります。
フラット35は住宅金融支援機構と民間銀行の提携商品です。
他にも民間で住宅ローンの専門会社もあるようです。
いずれも信用情報がクリーンでないと審査に通りずらいとは思いますが、銀行の住宅ローン審査に落ちた人は検討してみるといいと思います。

ブラック情報がある人が住宅ローンを組めるかといわれると非常に難しいとは思います。
担保があれば中小消費者金融で大口融資を行っている業者があるかもしれません。
ただし、返済金利が高いです。

住宅ローンを支払っているうちにより有利な条件を求めたり、返済期間を変更するために借り換えをする人が多いです。
そのたびに審査があるので、信用情報を大事することが必要です。
安易に返済を遅延したり多重債務のなることがないようにしたいものです。
kariireyurui360x120.jpg