お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れ 審査 緩い【借り入れゆるい.NET】審査が甘い消費者金融ならコチラ

kariireyurui360x120.jpg

延滞があればすぐに対応を

カードローン審査などは、個人信用情報機関による照会が大きなポイントになります。
返済を滞納したり、延滞をすると事故情報になったり、借入先が4社以上で一度でも延滞がある場合も、金融事故情報として処理されます。

大きな会社の場合、銀行などからの借り入れはつきものです。
借入なしで経営しているところは少ないかもしれませんし、設備投資という名前の金融機関からの借り入れは、当然の行為とも言えます。

それで経営ができて、従業員に給料も払えている、そんな会社は日本には数多くあります。
会社が延滞ということであれば、金融機関ではそれなりの動きをしますが、たいていは担保がついているので、銀行などもある程度の延滞には眼をつぶることができます。

ところが、消費者金融やカードローンの場合は、担保なし、保証人なしのキャッシングなどが主です。
たいてい2回の延滞で、しつこい督促が来たり、連絡がうるさくやってきます。

その時に既に事故情報として、ブラックリストになっているのですが、対応はすべきです。
消費者金融などの督促に対して、今は払えませんと言ってもいいんです。

じゃどうするのですか?という相談になるのですが、消費者金融側としても、延滞している事実はそのままにしておくことができません。

遅延損害金をつけて、多額の請求を持ってきますが、損をしたくないために、減額をした上で、長期支払いを提案してくる場合がほとんどです。
そのような支払総額を見ると、元金以上の利息になっていることがほとんどです。
それでも、毎月払えない金額ですから、従ってしまうのです。

はっきり言って、このような債権者殻の提案に乗らないことです。
延滞していることは申し訳ないことですが、延滞しなければならないほど返済ができないのであれば、払えないからなんとかしてほしい、減額を交渉するのです。
これが債務整理です。
損をしてしまう債権者はそう簡単に説得できないことが多いですが、一応言うだけ言ってみましょう。

ローン会社や銀行では、この手の債務整理の申し込みはとても多いです。
どう言えば債務者が怯むかを知っています。
それならこちらも債務整理のプロの弁護士や司法書士で応戦です。これでプロ対プロの交渉のゴングが鳴らしましょう。
kariireyurui360x120.jpg