お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れゆるい.NET【審査が甘い消費者金融】ならコチラ>>

kariireyurui360x120.jpg

借り入れ延滞

延滞をしてしまう理由

カードローンや消費者金融から借り入れをすることは、悪いことではありません。
まだ罪悪感を感じることもないことです。
金融会社がこれだけ多く経営できているのは、借り入れをしたい方が多いからです。
利息で経営が成立する金融会社にとっては、今必要なお金を貸し出すことで、それ相応の利息をつけて経営が成立しています。

利用者は当初の契約通りに順調に返済をすることで、自分も助かるし、金融会社も潤います。
しかし、何かの理由で返済が遅れてしまう、これが延滞です。
その理由としては、
  • 返済分を他の支払いに回した
  • もともとお金がない
  • パチンコで負けてしまった
などです。

どれも信じられない理由のようですが、実際に返済しなければならないお金に手を付けてしまう方はとても多いようです。
これが、家賃や光熱費の場合、直接日常生活に響くのですが、消費者金融の延滞で、電気が止められるわけでもないですし、家を追い出される事もないのです。

結局、借り入れの返済が生活をしていく上で、いきなり支障が出ることがないため、延滞をしてしまうことが多いです。
当初、返済の可能性があるからお金を借りる事を安易に考えます。

多重債務者の場合、他社からの借り入れで返済している方も少なくありません。
A社の1万円元金の返済をB社から利息を含めて15,000円借り入れる。
今度は、B社の元金15,000円の返済のためにC社から20,000円借り入れる。
A社が終わったとしても、B社・C社と借金が増加していくのが理解できると思います。

こんなことをしていると、いずれ延滞の危機が迫っていることがわからなくなっていくのです。
A社が完済した時点で、達成感ができてしまうのです。
多重債務のからくりはこんなイメージです。
そして、延滞をすると、遅延損害金が高い利息で続き、どんどんと雪だるま式に借り入れも増えていく。
そして、最初は大手消費者金融、やがて審査が少し甘い中小消費者金融に行き、最終的に闇金で借り入れる方もいます。
一度の返済不能ができると、こんなふうにして次から次へと他社に手をつける。
延滞をしてしまう最初の様々な理由が、やがて身の破滅を招くことになります。

しかし、どこかで債務整理をしたとします。
金融業者に返済減額の交渉をすることで、延滞が止まり、返済事態も楽になっていくのです。
そうしたことを知らずに延滞を続けている方、多重債務をしている方、随分損をしていることに早く気が付きましょう。
延滞しそうという時点で、債務整理k必要性があるのです。
kariireyurui360x120.jpg

借り入れ延滞を教訓とする

銀行カードローンや消費者金融で延滞をしてしまうと、その時点で個人信用情報機関での事故情報として記録が残ります。 その後の借り入れ事態が困難になってしまい、金融会社からは審査落ちの通知が続きます。 …

延滞があればすぐに対応を

カードローン審査などは、個人信用情報機関による照会が大きなポイントになります。 返済を滞納したり、延滞をすると事故情報になったり、借入先が4社以上で一度でも延滞がある場合も、金融事故情報として処理さ…

多重債務者に警告

借入件数が多く、返済金に苦慮している方の中で、今月か来月の返済、遅延か滞納している方は、すぐに債務整理をしましょう。 多重債務は、払っても払っても利息が増えるシステムになっています。 返済額が自然…

延滞の恐ろしさを知る

借り入れの返済を延滞すると、その後のカードローンや消費者金融の利用ができなくなってしまうことがあります。 たいてい2ヶ月の延滞が続くと、その後の借り入れ審査では通らない可能性が大きいです。 もし、…
kariireyurui360x120.jpg