お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れゆるい.NET【審査が甘い消費者金融】ならコチラ>>

kariireyurui360x120.jpg

借り入れ申し込み前に準備しておきたい提出書類

04_22.jpgカードローンなどの申し込みをするとき、いくつかの必要書類の提出が求められます。場合によっては、すぐに準備することが難しいものもありますので、何が必要か念のために早めに把握しておくことをおすすめします。

どこでも提出が不可欠になるのは、本人確認書類です。運転免許証、顔写真つきの住民基本台帳カード、パスポート、保険証のうちいずれか1点を用意してください。運転免許証を選ぶ場合は、有効期限が過ぎていると受理されません。この場合わざわざ運転免許証の更新をしなくてもいいので、その代わりお住まいの住所の公共料金の領収書を添付してください。

公共料金の領収書に関して、注意点があります。郵便受けなどに毎月入っていますが、内容を確認したら保管せずに、すぐ破棄してしまうという方もいるでしょう。特にご家族でお住まいの場合、公共料金の領収書の管理は他の方がされていて、ほとんど見たこともないという方もいるのではないでしょうか。

破棄してしまった公共料金の領収書は、便利なサービスとしてインターネットのホームページからプリントアウトできるのですが、ここが注意点です! 本人確認書類の提示を求めているカードローン会社は、ネットからプリントアウトしたものを受理していないからです。カードローンに申し込みをする予定があり、本人確認書類が運転免許証で有効期限が切れている方は、早めに公共料金の領収書を捨てないようにしておいてください。

借り入れを希望する金融機関や希望融資金額によっては、本人確認書類の他に収入証明書類も必要です。課税証明書、所得証明書、直近の給与明細、源泉徴収票があります。どれでもいいことになっていますが、信用度の高さからおすすめするのは、自営業の方の場合は最も新しい確定申告書、会社員の方は源泉徴収票になります。これらを提出することは、他の収入証明書より審査に有利だといわれています。いずれを選ぶにしても、申し込みをする直前にバタバタすることがないよう早めに準備しておきましょう。
kariireyurui360x120.jpg