お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れゆるい.NET【審査が甘い消費者金融】ならコチラ>>

kariireyurui360x120.jpg

審査に落ちないために正確な申告が求められる個人情報とは

20_5.jpg消費者金融や銀行カードローンでキャッシングをするとき、審査で必ず照会されているのが信用情報機関のデータベースです。信用情報機関に加入しているのは銀行、信販会社、消費者金融、クレジットカード会社などで、申し込みがあるとその人に関する信用情報を確認できるシステムになっています。

他の借入先から多くの融資を受けていて、新規で別のキャッシングの申し込みをすることもあるでしょう。そんなときに審査に通りたい一心から、ついつい少ない金額を申告してしまったとすれば、そのウソが信用情報からすぐにバレてしまいます。キャッシングやカードローンなどは個人の信用に対して貸し付けを行いますので、ウソの申告があると信用を損ないますので絶対に行ってはいけません。

この信用情報というのは、どんな個人のデータを保管しているのでしょう。まずは申し込み者の方のデータとして、名前、住所、連絡先、生年月日などがあります。キャッシングなどをこれまで利用したことがあれば、利用記録も付け加えられます。利用記録は遅延がこれまでにあったか、債務整理などの事故情報(異動情報と呼ばれています)、照会会社名、情報の照会日などです。クレジット情報として、支払ってきた金額、返済した回数、取引を行った商品データ、契約種類などがあります。

これらの信用情報で虚偽の申告をするということは、融資をするだけの信用に値しないと自ら伝えているようなものです。これらの情報で入力ミスをしたり、間違って記憶しているようなことがないよう、消費者金融などに申し込みをするときは確認してからの方が無難です。

特に審査に悪影響がでると言われているのは、他の借入先との履歴情報です。融資を受けている他社の数とその総額を少なく伝えてしまうことは、絶対に避けましょう。ちなみに、総額の大きさより、借り入れをしている業者の数が少ない方が、審査が有利になります。新規で借り入れの申し込みをして審査に通過したいなら、完済させられるところはないか見直してみて、利用者数を減らしてから申し込むことをおすすめします。
kariireyurui360x120.jpg