お金借りるのに審査が緩くて甘目をお探しの方、大手金融機関は借入審査が厳しく審査の通らない方でも借り入れがゆるい消費者金融金融なら借り入れ高確率です。

借り入れ 審査 緩い【借り入れゆるい.NET】審査が甘い消費者金融ならコチラ

kariireyurui360x120.jpg

借り入れ 審査 緩い

 

借り入れ緩いの関連記事

21_5.jpg
  1.  借り入れ審査が緩い消費者金融の探し方のポイント
  2. キャッシングの借り入れの審査が緩いのは銀行より消費者金融
  3. 借り入れの審査が緩い消費者金融はこんなとこ
  4. インターネット完結で楽に借り入れ利用できる審査が緩いキャッシング
  5. 審査が緩めの借り入れの消費者金融の審査に通りやすくする為のポイント

kariireyurui360x120.jpg
 

借り入れ審査が緩い消費者金融の探し方のポイント

どうしてもお金が必要で借りたい、でも審査に通るのか不安…消費者金融でお金を借りたい時はこんな事思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こんな時は、借入審査が緩くて審査に通りやすい消費者金融を検討してみてはどうでしょうか。
審査が緩くい消費者金融とはどのような業者なのか、様々な方面から詳しく解説していきます。

消費者金融は多くの方が審査に通っている

消費者金融というのは銀行でお金を借入れ出来ない方がご利用する金融機関ですが、返済能力さえあれば審査が通る傾向がございます。
消費者金融の審査をクリアしている方というのは、国内に1,000万人以上いると言われております。
日本の人口と比較して考えると、10人に1人がご利用している計算となります。

消費者金融の中でも狙い目なのが中小消費者金融

消費者金融の中でも審査が緩めで期待できるのが、中小の消費者金融会社です。
TVCM等のメディアで見かけるアコムやプロミスは大手消費者金融会社であり、それ以外の規模の小さめの消費者金融を中小消費者金融といいます。
大手消費者金融との違いは、メディアで広告活動を行っていない規模の小さめの消費者金融というだけであって、サービス等は大手消費者金融とは変わりません。
大手消費者金融の様に知名度が無い分、レベルを低くして多くの顧客の目に止まってもらいご利用者数を増やしていっているのが現状です。

中小消費者金融の審査の緩さは利用者の体験談を参考にしよう

中小の消費者金融は、全国に大変多くございます。
業者により特徴があり、審査が緩い業者もあればそうではない業者もあります。
審査の緩さをどこで見分けるのかというと、実際にご利用された方の体験談に目を向けてみると良いでしょう。
現代はインターネットの時代ですので、ネット上に様々な口コミの書き込みサイトが多くございます。
中小消費者金融の口コミサイトをチェックし、実際にご利用された方の声に目を向けてみましょう。
正直な体験談が記載されておりますので、どのような中小消費者金融なのかがわかります。
審査の甘さ緩さも記載されておりますので、正確な情報を掴む事が可能となります。

審査が甘くなるタイミングを見計らってお申し込みをしてみよう

中小の消費者金融というのは、審査が甘くなるタイミングがあると言われております。
その様なタイミングですと、通常より審査が通りやすくなる事もあるという事ですので、是非参考にしてみましょう。
まことしやかに言われている審査が甘くなるタイミングというのは、これらのタイミングと言われております。

月末や年度末

月末や年度末は、その月の売り上げが少ない場合に帳尻合わせのように顧客を募ろうとする傾向があります。
その為、多少審査を緩くしても顧客をゲットしようという傾向があるようです。
年度末の場合、1月や2月に積極的に契約件数を多く取ろうとする傾向がございますので、ねらい目といえます。

長期休み前

ゴールデンウイークやお盆休み、お正月休み等長期お休みはお金が多く動くので、お金を用立てしたい方が増えます。
その為、審査を甘くして顧客を多く募る傾向がございます。

キャンペーンなどの顧客獲得に力を入れている時期

中小消費者金融ではキャンペーンを行う時があり、そのような時は審査のボーダーラインを低くする傾向がございます。
キャンペーン中というのはとにかく顧客が欲しいので、審査が甘くなる可能性が高いといえます。
各社ホームページにて情報を流しておりますので、チェックしてみると良いでしょう。

新規に立ち上げたばかりの業者

中小消費者金融の中には、新規で立ち上げて間もない業者も多くございます。
新規で立ち上げてから間もない業者は、顧客が少ないので顧客を多く募ろうと審査基準を低くして審査を行う傾向がございます。
開業して3年以内の業者であれば、期待出来ます。
貸し倒れを覚悟して新規濃く客を多く募る傾向がございますので、必見です。

対面与信の中小消費者金融は審査が緩めな傾向がある

対面与信というのは、店舗にて面と向かって審査を行う流れです。
昔よくあった、消費者金融の審査の流れという感じで、現代では珍しいスタイルです。
対面で審査を行うという事は、電話やインターネット上の審査だけでは見えてこない細かい個人的な部分も見えてきますので、そのような部分もしっかり加味した審査が可能となります。
一般的な電話やインターネットでの審査では落ちてしまう方でも、対面与信の業者であれば緩めの審査となる可能性が高いといえます。
対面で審査を受けるとなると気が引けてしまう方もいるようですが、近年の中小消費者金融のスタッフは社内教育がしっかり行き届いておりますので、安心して対面審査を受ける事が出来ます。
お客様の立場に立って親身に聞いてくれますので、意外と快適にご利用出来ますよ。
緩めの審査を期待するのであれば、対面与信は期待出来る審査方法となります。
 


いかがでしたでしょうか。
借り入れ審査が緩い消費者金融は、このようなポイントで探してみると良いでしょう。
どの消費者金融も審査が甘いとは断定できませんが、緩めの審査の業者というのは存在します。
審査に自信が無い方はそのような金融業者にお申し込みをして、キャッシングに繋げるようにしてみましょう。

 
▲戻る
kariireyurui360x120.jpg

キャッシングの借り入れの審査が緩いのは銀行より消費者金融

融資を考える時、1番先に銀行を思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
銀行からの融資なら、安心してご利用出来ますよね。
しかし、銀行は審査が厳しいので、誰でもご利用出来るキャッシング方法ではございません。
キャッシングの借入審査が緩いのは、銀行カードローンより消費者金融です。
なぜ銀行系カードローンよりも消費者金融の方が審査が緩いのか、詳しくご紹介していきます。

加点方式と減点方式の審査の違い

審査の厳しさの違いは、審査の際のスコアリングシステムの違いです。

銀行のスコアリングシステムの点数の付き方

銀行のスコアリングシステムの点数の付き方というのは、満点から減額していく減点方式の審査を取り入れております。
満点の状態からそぐわない部分をどんどん減点していきますので、最終的に点数が残りにくい傾向がございます。
その為、余程スコアリングが良いお仕事や年収、お住まいの方じゃないと点数が残っていきにくいのです。

消費者金融のスコアリングシステムの点数の付き方

消費者金融のスコアリングシステムの点数の付き方というのは、0点から加点していく減点方式の審査を取り入れております。
点数をドンドン積み重ねていき加点していくので、最終的に点数が残りやすい傾向がございます。
その為、多少スコアリングが良いお仕事や年収、お住まいの方じゃなくても点数が積み上がっていく傾向があるのです。

この様な点数方式の為、消費者金融の方が審査が通りやすくなります。

収入源の違い

銀行と消費者金融とでは、収入減に大きな違いがあります。

銀行の収入源

銀行の収入源は、融資だけではございません。
メインが預金であり、積み立てなど様々な商品にて収益を上げております。
融資というのはその次の収入源となっているので、積極的に顧客をゲットしなくても良いので確実に返済してもらえる顧客しか対象としません。
その為、厳しい審査の中で残った方にしか融資をしない傾向がございます。

消費者金融の収入源

消費者金融の収入源のメインは、融資です。
融資を行い得られる利息を売り上げとして、企業として成り立てております。
顧客を多くゲットしないと売り上げが挙がっていきませんので、顧客を多く募る事が第一となります。
その為、多少レベルを下げてでも多くの顧客を募って企業の利益を上げていきたいのです。

これらの収入源の違いにより、消費者金融というのは審査のボーダーラインを下げてでも多くの方にご利用してもらいたいのです。

審査の早さの違い

審査の早さにも、大きな違いがございます。

銀行の審査にかかる時間

銀行は細かい審査を行うゆえに、審査に大きな時間を要します。
早くて1週間程、長く価格場合は1か月かかる銀行もあるようです。

消費者金融の審査にかかる時間

消費者金融は、早い場合は申込をしたその日に融資が可能な場合もございます。
審査に時間がかからないという事は、審査項目が少なく審査に通りやすいという事となります。

属性に対しての制限

お申し込み者の属性に対しては、銀行はこだわった審査を行う傾向がございます。

銀行

公務員や会社員、OLに対しては、率先して審査の対象としてくれます。
しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方は審査の対象になりにくいです。
自営業者や個人事業主の方も、審査の対象となるのは難しいといえます。

消費者金融

消費者金融のほとんどは、非正規雇用も審査の対象としております。
アルバイトやパート、派遣社員、契約社員、自営業者、個人事業主等でも審査の対象としてくれます。
業者によっては、専業主婦や学生さんでも審査の対象となる場合もございます。

このように、消費者金融は非正規雇用者に対しても審査の対象としてくれます。
安定した収入さえあれば顧客の職業にはこだわらないので、消費者金融の方が緩めの審査をしてくれるといえます。

審査の早さからも、緩い審査で融資が出来るのは消費者金融といえます。
銀行は審査に時間を掛ける程審査項目が多いという事ですので、銀行系カードローンの審査に落ちた方でも消費者金融の審査なら通る可能性が高くなるといえます。

消費者金融のご利用が不安なら大手消費者金融からはじめてみよう

銀行と消費者金融業者のご利用を検討される方は、出来れば銀行ご利用をしたく消費者金融のご利用を不安に思える方でしょう。
消費者金融をのご利用が不安でしたら、まずは大手消費者金融のご利用をご検討されてみてはどうでしょうか。
アコムやプロミスのようなTVCMでお見かけする大手消費者金融であれば、安心してご利用が出来ます。
メディア等で皆さんが知っているという事は、それこそが企業としての信用となりますので、安心してご利用する事が出来ます。
大手消費者金融は銀行と比べると格段に審査通過率が高く、中でもアコムは40%台後半の高い審査通過率となっております。
大手消費者金融は企業としてしっかりとしておりますので、安心してご利用出来る要素が満載です。
アコムやプロミスでは無利息期間もございますので、大変便利にご利用いただけます。
 


いかがでしたでしょうか。
この様な理由から、銀行ではなく消費者金融の方が審査が緩めという事がわかると思います。
審査の緩い借入れをしたい場合は、銀行ではなく消費者金融のご利用がオススメとなります。
 


▲戻る
kariireyurui360x120.jpg

借り入れの審査が緩い消費者金融はこんなとこ

インターネットで審査が緩い消費者金融を調べていると、審査が甘いと言われている消費者金融を見かける事があります。
審査が緩めの消費者金融というのはどのような貸金業者なのか、ピックアップしてご紹介致します。

審査が緩めの消費者金融の特徴

審査が甘めの消費者金融は、このような特徴がございます。

金利が高い

金利が高い消費者金融は、審査が甘めの傾向がございます。
審査が緩いと言われている消費者金融をチェックしてみると、ほとんどの業者が最高金利18.0~20.0%の金利となっております。
高い金利という事は、あまり信用出来ない相手だけれど高い金利なら貸す事が出来る、という証明となります。
よって、審査が甘めという事となるのです。

融資限度額が低い

審査が緩いと言われている消費者金融は、融資限度額が低い業者が多くございます。
多くは、融資限度額が50万円となっている場合が大半です。
融資限度額が高い場合はそれほど緩い審査ではない可能性がございますので、融資限度額の低さに注目してみましょう。
融資限度額を低く抑える理由は、貸し倒れのリスクを低くする為です。
その為、信用状態が良くない相手にも融資を可能とするので、審査が緩いと言えるのです。

ブラックな方でも融資が可能

審査が緩めの消費者金融は、ブラックの方でも審査の対象とする場合が大半です。
債務整理経験者や自己破産者などの金融事故を起こされた方など、このよう中でも審査のする場合が多くございます。
ここでいうブラックの事故情報の方というのは、ブラックの方どなたでも審査の対象とする訳ではありません。
ブラックOKと記載がある消費者金融の大半は、ブラックになってから1年以上経過している方を対応としております。
その為、ブラックになって1年未満の方では、審査の対象とはなりません。
1年以上経っている方であれば、ブラックは過去の事なので現在の返済能力があるのであれば審査の対象としても問題ないだろう、と判断してもらえるのです。
どんなブラックでも借入れ出来ると豪語している消費者金融の場合は、悪徳業者の可能性がございますので注意して選ぶようにしなければいけません。
ブラックOKを重視するのであれば、貸金業の許可番号の確認も必ず行うようにしなければいけません。

独自審査を行っている

独自審査というのは貸金業者独自の視点での審査となり、顧客ひとりひとりの属性や債務性に対しじっくり判断をし審査を行う方法です。
銀行や大手消費者金融では自動審査という審査方法を設けており、属性にて足切りを作りそれ以下の方は審査に通さないというシステムを取っております。
その為、少しでも属性が合わない場合は即審査落ちとなってしまうのです。
独自審査ではそのような一定のボーダーラインで足切りとはしないので、お客様に似合った審査を行う事が出来ます。
少し属性や債務性が良くなくても、申し込み者の人柄や返済能力が見込めるのであれば審査の対象としてくれるのです。
よって、緩めの審査をしてくれるという流れとなります。

対面与信で審査を行っている

中小の審査の緩めの消費者金融の中でも、対面で審査を行っている消費者金融は審査がかなり甘めの傾向がございます。
対面与信は店舗に出向いてもらって面と向かって審査を行う方法なのですが、面と向かって審査を行う事で見えてくる人柄や雰囲気も含めて審査の対象としてくれます。
実際会ってお話をする事で見えてくる返済能力等もしっかりと審査をして、貸し出す事が出来る要素を探してくれる傾向がございます。
よって、審査が緩めとなる傾向があるといえるのです。

口コミで審査通過率が高い情報がある

消費者金融の審査の緩さは、実際にご利用した方の声が一番の信用情報となります。
口コミ情報をチェックして、審査の緩さを調べてみると良いでしょう。
審査が緩いと言われている消費者金融でも、口コミをチェックしてみるとそうでもない業者も多くございます。
実際のご利用者の声を参考にして、審査の緩い消費者金融を探してみましょう。

審査の緩めの消費者金融は細かくチェックしてみつけるべき

審査の緩めの消費者金融を探すためには、様々な部分を細かくチェックした上で探さないと真の審査の緩い消費者金融を見つける事は出来ません。
安易に見つけて申し込んでも審査に通らない可能性もありますので、時間をかけて細かくチェックしていく事が重要となります。
また、細かくチェックしない事で起きてしまう事といえば、悪徳業者に引っかかってしまうという事です。
審査の緩めの金融業者の中には、闇金のような悪徳業者も多く潜んでおります。
それらにつかまってしまう事もございますので、注意して選ばないといけないのです。

 


いかがでしたでしょうか。
審査の緩い消費者金融は、このようなポイントで見つけるようにしていくと良いでしょう。
根気よく細かくチェックしていく事で、理想の審査の緩めな消費者金融に出会う事も可能となります。
 


 
▲戻る
kariireyurui360x120.jpg

インターネット完結で楽に借り入れ利用できる審査が緩いキャッシング

キャッシングの審査が緩めの借入れを検討される方は、消費者金融系のキャッシングのご利用を検討されるのではないでしょうか。
しかし、TVCMでお見かけする大手消費者金融の場合は、無人契約機に出入りしないといけないので、人の目が気になってしまう方も多いと思います。
そんな方にオススメなのが、インターネット完結可能な中小の消費者金融です。
インターネット完結の消費者金融とはどのような事なのか、詳しくご紹介していきます。

インターネット完結の申込とは

インターネット完結は、別名WEB完結といいます。
インターネットのみでお申し込みから契約まで行う事が出来る方法であり、家に居ながら出向かずに契約まで行う事が出来ます。
消費者金融の中では、WEB完結を行っている業者もあり、審査の甘い消費者金融系の業者の中にも多くございます。
インターネット完結には、このようなメリットがございます。

出かけなくても家の中で契約まで済ませる事が出来る

インターネットで契約まで出来るので、出向かなくても家の中で全ての手続きを終了させる事が出来ます。
ご自分のペースで出来るので、どなたでも快適にご利用が出来ます。

周りの人にご利用がバレない

出かけずに手続きが全て可能ですので、家族や知り合い等の周りの方にご利用がバレる事はありません。
キャッシングはデリケートな事ですので、家族にバレたくないという方は非常に多くいらっしゃいます。
バレる要素が一切ありませんので、快適にご利用が出来ます。

郵便物が送られてこない金融業者もある

インターネット完結の消費者金融の中には、ご自宅に郵送物が1つも送られてこない場合もございます。
郵便物が送られてくると郵便物によりキャッシングのご利用を疑われてしまう事がありますので、郵便物が送られてこないという事は、大変便利で助かる事といえます。
郵便物の郵送は、消費者金融により違いますので、あらかじめ調べた上でご利用される事をオススメします。

早くて簡単手続き

今の時代は、スマホで何でも行う時代となっております。
そんなスマホから全て手続きが出来ますので、とっても便利にご利用いただけます。
スムーズな手続きとなりますので、消費者金融によっては30分~1時間程度で契約まで繋げる事も可能となる場合もございます。

振込キャッシングなので楽にご利用出来る

インターネット完結の消費者金融会社の大半は、ご自分がお持ちの口座へ振り込みキャッシングでの融資となります。
家に居ながら申し込んでご自分の口座に融資してもらえますので、大変便利にご利用が可能となります。
ローンカードを持たずに融資が出来ますので、ローンカードによりキャッシングのご利用がバレる事もございません。

インターネット完結の注意点

インターネット完結には、これらの注意すべきポイントがございます。

インターネットゆえ打ち間違いが発生してしまう事がある

全てをインターネットのみで済ませてしまう申し込み方法ですので、打ち間違いが生じてしまうという事です。
打ち間違いにより申し込み内容に虚偽が発生してしまうので、間違った内容により審査の通過が難しくなってしまう事もあります。
きちんと見直しをし、完璧な内容で送信して申し込むことが大事となります。

銀行の営業時間しか融資が出来ない

WEB完結の場合ほとんどがインターネット振込融資ですので、銀行の営業時間内じゃないとお振込口座に融資が出来ません。
平日の銀行の営業時間中のみとなってしまいますので、それ以外の時間帯に融資をしてもらいたくても不可能となってしまいます。
ローンカードも発行してくれる金融機関であれば、銀行の営業時間関係無しにご利用が可能となります。

WEB完結可能な審査の甘めの中小消費者金融

インターネット完結(WEB完結)が可能な中小の消費者金融は、これらが挙げられます。

フタバ

フタバは人気の中小消費者金融であり、インターネット完結を採用しております。
ブラックの方でも審査の対象としている事で、審査の緩さを期待する事が出来ます。
即日融資も可能ですので、お金を早く手にしたい方にもオススメです。
女性専用ローンのレディースフタバもあり、女性も柔軟にご利用が可能となります。

ダイレクトワン

WEB完結が可能であり、過払い請求者の様なブラックの方も審査の対象となる、審査が柔軟な中小消費者金融です。
パートやアルバイトなどの非正規雇用者でも審査の対象となる柔軟さと、コンビニATMを
ご利用出来る便利さが魅力的です。
スルガ銀行の傘下の消費者金融ですので、安心してご利用出来る金融業者です。

キャレント

キャレントは、完全WEB完結で便利にご利用出来る中小消費者金融です。
審査時間が短く審査が甘めな傾向がございますので、期待出来ます。
カードレスキャッシングの場合、最短即日で融資も可能となります。
シンプルで使いやすいと、大変多くの方に人気がございます。

この他にも多くのキャッシング会社があり多くのローン商品がございますので、是非目を向けてみると良いでしょう。
 


いかがでしたでしょうか。
誰にも知られず内緒で審査の緩い消費者金融をご利用したい場合は、インターネット完結の中小の消費者金融のご利用をオススメします。
自動契約機や店舗まで出向かなくて良いので、誰にも気づかれずにお申し込みから融資までが可能となります。
現代は家に居ながら全てが出来る事が当たり前となっておりますので、インターネット完結のような誰にも合わずに融資というのは理想的とも言えるでしょう。



▲戻る
kariireyurui360x120.jpg

審査が緩めの借り入れの消費者金融の審査に通りやすくする為のポイント

審査が緩めの消費者金融であっても、申し込んだ全ての方が審査に通るという訳ではありません。
確実に審査に通る為には、審査に通りやすいポイントを掴んで申し込みを検討するようにしましょう。
審査が緩い消費者金融の審査に通る為の秘訣を、ご紹介致します。

審査が緩い消費者金融でも審査に落ちてしまう事がある

審査が緩い消費者金融と聞くと、間違いなく審査に通ると思ってしまう方もいらっしゃると思います。
しかし、審査が緩い消費者金融でも必ず審査は行いますので、当然審査に通らないという方も出てきてしまいます。
消費者金融の審査通過率は40%程度と言われており、実は審査に通っていない方が多いというのが現状です。
審査が緩めの消費者金融であっても、とある審査が緩めの消費者金融で60%程度の審査通過率のようであり、やはり審査に落ちてしまう方はいらっしゃいます。

審査が緩い消費者金融をお探しという事は、審査通過に自信が無いから審査が緩めの消費者金融を探していると思います。
その理由は、属性の悪さや債務性の悪さや色々あると思います。
それらの属性や債務性の悪さをカバーする為には、審査に通りやすいポイントでお申し込みをしなければ審査に通らない可能性も発生してしまうという事となってしまいます。

審査の緩めの消費者金融でも審査に通りやすくする為のポイント

審査の緩めの消費者金融の審査に通りやすくする為には、このようなポイントでお申し込みをしてみると良いでしょう。

希望融資金額を低く抑える

一番のポイントは、希望融資金額を低く抑える事です。
希望融資金額を高く申し込んでしまうと、審査のハードルが上がってしまいます。
審査の緩い消費者金融でも審査の対象とならなくなってしまう事もありますので、辛酸ハードルを下げる為に思い切って希望融資金額を低く抑えるようにしてみましょう。
理想は、10万円以下に設定する事です。
10万円以下の希望融資金額は、審査の基準が低く審査が通りやすくなる傾向がございます。
10万円以上となると審査の見方が変わってくる消費者金融がございますので、属性や債務性や良くない場合審査の対象とならない事もございます。
10万円では足りないという方でも、後に増額申請で借入金額を多くし総量規制に近づける事もかのうですので、申し込みの際は審査に通る事だけを考えて希望融資金額を決めるようにしましょう。
借入額の違いだけで審査のハードルは全く違いますので、是非目を向けるようにしましょう。

収入が少ない方は少し多めに収入を申請してみる

中小の消費者金融の場合、50万円以下の借入の場合は収入証明書は必要ありません。
その為、収入の申請を少し多めに記載してみると、審査に通る可能性があるといえます。
特に収入の少ない方は、少し多めに申請する事で審査通過の可能性が出てきます。
例えば、190万円の年収の方は210万円と記載するなど、ほんのちょっと水増しをするという考えです。
キャッシングの審査の場合は、年収が200万円を切ると審査の対象とならない金融業者もあるようなので、少ない年収の方は審査が不利になってしまう可能性があります。
年収が少なめな方は少し多めに記載をして、審査に通りやすい状態を作るようにしてみるのも1つの方法といえるでしょう。

申込書の内容は細かくしっかり埋める

申込書は、より細かくしっかりと書かれていた方が審査の印象が高まります。
丁寧さと細かさは高評価となりますので、出来るだけしっかりとした濃い内容のお申込書とするようにしましょう。
特に郵送でのお申し込みの際は、インターネット申し込みとは違い空欄があってもお申し込みが可能となります。
しかし、空欄や内容の乏しさは丁寧さに欠ける人と判断されてしまい、審査の対象とならない場合がございます。
ご自分のさじ加減で審査に落ちるなんて事はぜったいにしてはいけないので、注意してお申し込みをするようにしましょう。

在籍確認は必ず出来るようにしておく

審査が緩めの消費者金融であっても、本人確認の在籍確認が出来なければ審査は通りません。
在籍確認は、必ず出来るようにしておきましょう。
職場に電話を掛けて在籍がわかればOK
一番は、職場に電話を掛けてお客様にすぐつなげてくれる事が理想です。
しかし、外出等で会社に居ない場合もありますので、その際は「出かけております」とお電話の担当者に言ってもらえましたら、その時点で在籍確認となります。
職員が多すぎる職場の場合は在籍確認とならない場合もある
職員が何百人等多い職場の場合は、在籍確認でお電話をしてもお電話に出た担当者の方がお客様の在籍を把握していないなんていうケースもあるようです。
この様な場合は、事前に電話に出る受付の方にクレジットカードの在籍確認で電話が来ると伝えておく事で、電話を繋げてもらえます。
休んでいると在籍確認とならない
在籍確認の際に休んでいたり休職中の場合は、在籍確認とはなりません。
その場合、出金してからの在籍確認となります。
個人の電話を繋がない職場の場合
近年は個人保護法により、個人的な電話は一切繋がないという企業も増えてきました。
その様な企業に勤務されている場合は、お電話での在籍確認は難しくなってしまいます。
お電話での在籍確認が難しい企業に勤務されている場合は、書類にて在籍確認とする事が可能な場合がございますので、事前に消費者金融側にご相談をしておくようにしましょう。
給与明細や社会保険証等により、在籍確認と出来る場合もございます。

専業主婦の場合は配偶者の同意を取っておく

専業主婦がキャッシングを行う際は、配偶者の同意が必要となります。
しかし、中には配偶者に内緒でご利用したい方もいらっしゃり、配偶者の同意を得ずに審査に通らないというケースも少なくありません。
配偶者貸付でも必ず配偶者の同意は必要となりますので、事前に必ず了解を得て書類をそろえておくようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
いくら審査が緩い中小キャッシングであっても、状態によっては審査に通らない場合もございます。
審査に必ず通るようにする為には、これらのポイントに重視して審査を受けるようにしてみましょう。
必ず審査に通って、キャッシングが出来るようにしましょう。
もしも審査に通らなかった場合は、おまとめローンの検討も視野に入れてみると良いでしょう。

 
▲戻る
kariireyurui360x120.jpg